PLUG IN ロゴ

Woadblue

ブランドメイン写真

会社名(屋号) 株式会社ヤマツゥ
出展ブランド名 Woadblue
読み方(カタカナ) ウォードブルー
Website https://yamatwo-ltd.jp/woadblue
Instagram https://www.instagram.com/woadblue_official/

ブランドのコンセプトを教えてください!

2016年春夏シーズンにスタートしたデニムブランド 「woadblue」は、ヨーロッパのヴィンテージスタイルを継承しながら、新たに5ポケットジーンズの提案にも挑戦しています。
 
2021年のリブランディングでは、従来のモードファッションジーンズから、正統派5ポケットデザインやバランスを巧みに取り入れる試みを発表し、大人のデニムショーツやブーティデニムなどユニークなコンセプトのモデルをはじめ、22年春夏には大人の体型悩みを考慮したオーセンティックなリジッドハイライズを提案しました。
 
【ファッション工ディター 坪田あさみ】
数々の女性ファッション誌やカタログ、webコンテンツなどを手がける人気ファッションエディター。アラフォー世代の志向に詳しく、理論的な分析によりヒット商品を生み出すコンセプターとしても各方面から依頼が殺到。自身の抜け感のあるこなれた力ジユアルスタイルは多くの女性たちから熱く支持されている。アパレルブランドとのコラボ商品開発や商業施設、ブランドのコンサルティングも手がける。
Instagram @asamit1201
 
【Doctor Denim Honzawa 代表 本澤裕治】
エドウィン、リーバイ・ストラウスジャパンなどを経て2005年ドクターデニムホンザワを設立。国内外のブランドのデニム&ジーンズの企画・開発・生産のコンサルティング業務を積極的に行う中、自身がプロデュースするブ ランドはRED CARD®、Fire Service® など 10ブランド にも及ぶ。2021年春夏から新生woadblueのブランドプロデュースにも力を入れる。

ブランド写真1

商品の特徴を教えてください!

「booty Denim」。ブーティは甲や足首が隠れてしまうから抜けがなく、無難な印象か男っぽく見えてしまうのを、裾を“壊す”ダメージ加工をひとつひとつ手作業で施すことで、着こなしのアクセントになる“こなれ感”を演出しました。足元に抜けがなかったブーティとデニムの合わせが簡単にできるように、どのブーティとも合わせやすいブラックと2022年春夏よりホワイトもラインナップに加わりました。
 
これまで「なぜかデニムコーデが決まらない」と感じていたすべての女性におすすめのデニムです。「大人のハイライズストレート」がコンセプトの美脚デニムです。
 
「rigid Highrise」 は50‘sのヴィンテージデニムに見られる、前股上と後ろ股上の差寸を少なくしたジャストウエストな仕様が特徴的です。高めに設定したヒップ位置によりヒップアップ効果が期待でき、膝位置を高めに設定し膝より下はストレートにする事で脚が長く美しく見えます。ネップ感のあるヴィンテージ調デニム地をシルケット加工とワンウォッシュを施す事で、光沢感があり柔らかい生地感に加工しています。
 
実際は、膝巾23.5cm裾巾20.5cmでテーパードしていますが、股下75cmでやや広めの膝、裾巾なので、より自然なストレートになります。

ブランド写真2

では、来場者にメッセージをお願いします!

百貨店様・専門店様・海外バイヤー様問わず、日本製の細部までこだわったハイクオリティなデニムを感じてほしいです。

ブランド写真3

ありがとうございました!